" /> ブリーチ回数別オススメヘアカラーしたい色はブリーチ何回でできる?

ブリーチ回数別オススメヘアカラーしたい色はブリーチ何回でできる?

2019年から続いてるハイトーンブーム。

美容室では連日ブリーチのお客様が途絶えません!

ですが、ご来店をされた際にお客様のほとんどがブリーチ1回でできないようなお写真やヘアスタイルを持ち込まれる方がほとんどです。

お客様は、ブリーチを何回すればこの色になる!

というのはわからない方が多いと思います。

そこで今回はブリーチの回数別にできる、ヘアスタイルをまとめてみました。

皆さんがしてみたいスタイルの参考になればと思います!

是非参考にしてみてください!

Sponsored Link


なぜブリーチ1回では思い通りの色にならないのか?

お客様の中にはブリーチ1回で髪が思い通りの色になると思っている方が多いようです。

ではなぜブリーチ1回では髪の毛は思い通りの色にならないのでしょうか?

髪の毛の中には、メラニンというものがあり、このメラニンが私たちの髪の色素を決定付けているものです。

メラニンには種類が2つあり、ユウメラニンと、フェオメラニンがあります。

ヨーロッパや、アメリカ人の髪はフェオメラニン。日本人やアジア人の髪はユウメラニン。

フェオメラニンというのは、赤褐色〜黄色のメラニンでブリーチで分解されにくい性質を持っています。

ユウメラニンというのは、黒〜褐色のメラニンで、ブリーチで分解されやすい性質を持っています。

分解されやすいとは言っても髪質も様々で、抜けにくい髪質の方や、ユウメラニンの中でも抜けにくいメラニンの種類があり、ブリーチの回数は人によって違います。

ですが、ユウメラニンはメラニン量が多いので、1度のブリーチでは抜けきらず、髪の毛を思い通りの色にしていくには、ブリーチの回数が必要なんですね。

元々、フェオメラニンで構成されている髪の場合は、ブリーチの回数が少なくてもたくさんの色が入りやすいのですが、ユウメラニンの場合は思い通りの色にするまで3〜4回ほどブリーチが必要になります。

こう言った一人一人メラニンが違うということで、自分が思う色に近づくには、ブリーチの回数が必要ということになるんですね。

1回のブリーチ だとメラニンはオレンジ色に抜けます。そうすると例えばアッシュにしたくてそのままアッシュを被せると、メラニンのオレンジ色とアッシュの色が混ざってしまい、きれいなアッシュにはならないということです。

例)アッシュ(青)+オレンジ(メラニン)=緑色になる

ではこれが2回ブリーチをしたとしましょう。2回ブリーチ で抜いたことでメラニンは、黄色になったとします。同じようにカラーはアッシュにしたい。

例)アッシュ(青)+黄色(メラニン)=黄色味のあるアッシュ(灰色)

となるんですね。これはなぜかというと2回ブリーチしたことで、メラニンがオレンジから黄色になったことにより、カラー剤のの邪魔をしにくくなったからなんです!

そうすると例を見てわかるように、メラニンがオレンジに近いほど、思い通りになりたいカラーの邪魔になる。ということなんです。

では以上を踏まえた上で、ブリーチ回数別にできるヘアスタイルをご紹介したいと思います!

Sponsored Link

ブリーチ1回でできるヘアスタイル!

  • ダークグレー
  • ダークラベンダー
  • カシス系カラー
  • オレンジ
  • グレージュ
  • ダークネイビー
  • ダークピンク

ではなぜ1回のブリーチ で紹介したヘアスタイルが綺麗にできるのかというと、先ほども説明した通り、1回のブリーチ だと、メラニンはオレンジ色に抜けてしまいます。

そうすると髪の毛はオレンジ色になりますよね!

メラニンのオレンジにも相性のいいカラーがあるのです。

それは暖色系のカラー。

暖色系というのは、主に赤みがある色です。

上記で例えると、ダークラベンダー、カシス系、オレンジ、ピンクが当てはまります。

メラニンのオレンジに近い色ですね!反対に言えばメラニンのオレンジから遠い色というのは表現しにくいのです。

ですがその一回でもきれいな色にできます。カシス系、ダークラベンダーは特におすすめです★

ブリーチ1回でできるのがとても魅力的ですし、色も鮮やか!

カシスカラーは色持ちがいいですし、ダークラベンダーは色落ちもきれい!

不思議なことにラベンダーは最初ブリーチした時よりオレンジ味が少なくなり、ブロンドっぽく落ちてくるんです!

なのでぜひファーストブリーチの方におすすめです!

私が以前ミルクティー色にしたくてブリーチ1回で美容師さんにお願いしました。

そしたら仕上がりは汚いオレンジ色・・・

もう、鏡の前の自分の髪色にあまりにもショックで声も出せませんでした。

結局私がブリーチ1回でできるようにしてください!

と無理な注文をしてしまったからなんですが・・・

結局これでは外に出れないと、他店で染め直してもらいました( ;  ; )

そのときの美容師さんにも、「これはひどいね・・・」と言われてしまったほど・・・その頭で他の美容室に行くのもとても恥ずかしかったです。

最初から一度のブリーチ ではできないと知っていれば・・・・と涙しましたので、皆さんはぜひ覚えていてくださいね★

Sponsored Link

ブリーチ2回でできるヘアスタイル!

  • ミルクティーカラー
  • グレーカラー
  • アッシュ
  • ラベンダー
  • ピンク系
  • その他特殊カラー(暖色系)

ブリーチを2回もすれば、メラニンも程よく抜け、オレンジ味も少なくなっていき、髪の毛はイエローベースになります。

なぜなら2回目のブリーチでメラニンがより抜けてきているから。髪の毛のベースがより白いキャンバスみたいに近づきます。

そうすることで、上からカラーを被せると色が素直に発色されるのです。もちろん全く同じ色とはいきませんが、より理想の色に近づくことはできます。

もちろん1日でブリーチを2回することはOKです!

3回目からは頭皮や髪の毛の耐久力が脆くなりますので、月ごとに計画して最大1日2回までのブリーチを目安にしてみてください!

間隔は1ヶ月が理想です★

他にも、その他特殊カラーと言うのは、塩基性カラー。

俗に言う、カラートリートメントのことです。

派手髪とも呼ばれます。

マニックパニックや、エンシェールズカラーバターが代表的ですね!

よく、外国人の方がすごく派手な原色カラーをされているのを目にしたことがありませんか?それが派手髪です!

このカラーもブリーチの回数が増えることでできるスタイルが変わってきます。

ブリーチの回数を増やして行くことで、カラーのバリエーションはとても増えていきますので、なりたいヘアカラーを見つけたら、自分の髪にブリーチ が何回必要なのか調べて美容室にいきましょう!

私もこの塩基性カラー(カラートリートメント)を使ってたくさんの派手髪スタイルを楽しみました!

真っ赤にしたり、緑にしたり、オレンジにピンク、青に紫、ユニコーンカラー、ほかにもたくさんのカラーをしました。

もう頭がうるさいと言われたほど笑。

毎月のように髪色が変わっていたので、友達に頭皮がハゲ上がるんじゃないかと心配までされるほどでした・・・笑

ですが、これがまた評判が良くてやめられないんですよ!

派手髪で歩いているといろいろな人に呼び止められて、「どこでやったの?」「あなた、とっても素敵ね!」外国人の方にも「クレイジー!でも素敵!」と毎日のように言われるんです。

おかげで私の派手髪ライフは、歳をとってもなかなかやめられませんでした笑。

いい思い出です笑

Sponsored Link

ブリーチ3回以上でできるヘアスタイル!

  • シルバー系
  • ホワイトベージュ
  • ホワイトグレージュ
  • ホワイトラベンダー
  • ホワイトピンク
  • その他特殊カラー(寒色系)

ブリーチを3回以上もすると髪の毛のメラニンがほぼペールイエローになってきます。

ほとんどオレンジ味のない、白に近い黄色の状態が、ペールイエローです。

これくらいになるまで、髪の毛がブリーチで抜けていると、ほとんどのカラー剤が素直に発色してくれます。

より白いキャンバスに近づいたイメージですね!

そうすると、薄めのカラーを入れることで、皆さんからオーダーの多い、ホワイトベースのカラーもできるようになります。

ブリーチが1、2回でホワイト系に持っていけないのは、メラニンが抜け切れていないから。メラニンが残りすぎていると、ホワイト系に寄せるために、メラニンの色が邪魔になってしまうからなんです。

私のお客様は何人もリアルホワイトにしたい!と言うお方が、30人以上はいました。

ですがその中でホワイトにできたのは、たったの6人。

お値段を聞いて諦める方、縮毛矯正などがはいっていて、髪質的に断念してしまう方、ケアはできないと言う方、様々でした。

なので私は毎日お客様と戦争状態です笑

私が言った通りに毎日ケアできますか?

シャンプーもオイルも変えられますか?

アイロンやコテの温度守れますか?

髪が濡れたまま寝ないと約束できますか?

戦争というより、もはや脅しのような・・笑

でもそれぐらいやっていただかないと本当にリアルホワイトには持っていけなかったので私との最初の約束事がカラーをする条件でした。

ではなぜそこまでケアしていただかないといけないのか・・・

ブリーチをしたことで、髪の毛は非常に傷みやすくなっています。

髪の毛内部のタンパク質が流出し、髪はスカスカな状態。。

キューティクルは脆くなり、剥がれやすい状態です。

そんな状態で全くケアをしなかったらどうなるか?

髪を乾かさないことでキューティクルはボロボロになり、髪の毛はバサバサに・・・

コテの温度を守らないことで髪の毛に負担がかかり、切れ毛のオンパレード・・

シャンプーもノンシリコンなんて使えば毎朝絡まりまくりの髪の毛・・・

怖くないですか?

私は死ぬほど怖いです。(だって私が施術するんだもの)

大事な髪の毛を死ぬほど痛めつけるんです。

それくらい守ってくれなきゃリアルホワイトなんてできないよ!と、もう当時の私は必死でした笑。

実際約束してくださった方の中にも最近ケアしてなかったと言って、それが原因で髪が溶けた方もいたくらいです。

なんとか持ち直しましたが笑

その条件を守れてリアルホワイトにできた方が6人ということなんですね。

逆に言えば条件を守らないとできないってことなんです。

ブリーチ3回以上からはもう自分との戦いです!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の体験も含めた上でのカラースタイルをご提案させていただきましたが、やはり理想のカラーにするにはブリーチの回数が必要不可欠!だとわかってもらえたと思います。

ご自分がなりたいカラースタイルがブリーチ何回でできるかわかったら、担当の美容師さんとぜひ相談してみてください!

あなたに合うカラーやそこにたどり着けるまでの計画表を一緒に作ってくれます!

なりたいスタイルを目指してぜひ頑張っていきましょう!

Sponsored Link