" /> ヘアオイルは何がいい?!美容師がオススメするお悩み別ヘアオイル★

ヘアオイルは何がいい?!美容師がオススメするお悩み別ヘアオイル★

ヘアケアといえば、みなさんが真っ先に使うのが、ヘアオイル。

なぜなら、気軽に始められるし、お値段もシャンプーとトリートメントを同時に変えるよりは、お手軽だからです!

だから、髪の毛をケアしようと思った時に皆さん最初に手をつけるのが、へオイルなんですね。

そこで今日は、みなさんのお悩み別にヘアオイルをご紹介したいと思います。

Sponsored Link


ダメージ・パサつきが気になる方向け

そもそもなぜ髪の毛は痛んでしまうのか?

主な原因は、濡れた髪を乾かさないために起きるキューティクルの摩擦や、温度の高すぎるストレートアイロンやコテが原因で、他にもブリーチやカラーのしすぎといったことも挙げられます。

詳しくはこちらの記事もご参照ください↓

髪がパサパサ傷む原因は?!髪を綺麗にしていくケア方法!

髪の毛がパサつくということは、タンパク質の中に栄養や潤いが足りていない証拠です。

タンパク質の間に隙間ができてしまって、栄養も抜けて、潤いが足りていない状態になるんですね。

そんな状態の髪の毛にオススメなヘアオイルは、モロッカンオイル。

このモロッカンオイルは、今世界中の美容師さんに愛されている名品です。

アルガンオイルが使われているのですが、アルガンオイルの中にもランクがあり、その中でも最上級のものしか使いません。

このアルガンオイルのランクが高ければ高いほど、オイルの中の不純物も少なく、髪の毛に浸透しやすいのです。

アルガンオイルのすごいところは、髪の毛の中に水分を蓄えられることです。

アルガンオイルに含まれるビタミンEが髪の毛のでタンパク質にアプローチし、はりコシを与えて、髪の毛をどんどん強くしてくれるんです!

手触りや滑らかさの要である、シリコンも最上級のものを使い、お客様に効果を実感してもらいやすい作りになっています。

他にもヘアオイルの瓶自体も特殊な構造で、開封しなければ3年は持ちます。

香りもとてもよく、西海岸をイメージした、バニラムスクの香り。

香りだけで、買いたい!というお客様がたくさんいます。

私も使っているのですが、本当に髪の毛が切れなくなりました。(本当に驚きです)

どんなオイルを使っても髪の毛が切れなくなるなんてことは、絶対になかったからです。

ですがこのモロッカンオイルと出会ってからは、他のオイルが使えなくなってしまったほど。

効果も早ければ3日で実感できます。

それほど、栄養価が高く、髪の毛に水分を閉じ込めてくれるんですね!

香りもよく、なんといっても使った後に手がベタつきません。

使い続けることで、ダメージもパサつきも気にならなくなりました。

今では絶対に手放せません笑

お客様からもとてもご好評で、

「使ったことで、髪が切れなくなった!」

「パサつきがなくなって指通りが変わった」

「まとまるようになった」

など、とても喜んでくれているかたが多いです。

1度使ったことでモロッカンオイルの虜になってしまった。

と、もうこれなしではヘアケアできないと、お客様からいってもらえるほどです笑

Sponsored Link

広がり・うねりが気になるかた向け

髪の毛が広がったり、うねりが出るのは、主にキューティクルが傷ついており、その傷ついた隙間から、空気中の水分を含んで広がったりしてしまうのですが、広がりやうねりを抑えるには、髪の毛の中に十分な潤いが必要なんです。

水分を補給した上で、しっかりとヘアオイルで蓋をする。

そうすることで水分をしっかり閉じ込め、髪の毛を広がりにくく、うねりにくい状態にしてくれるんですね。

その蓋をするのに適しているオイルが、N.(エヌドット)。

なぜなら、このヘアオイルには、シアバターが使われているため、広がる髪を抑える力が、とても強いのです。

シアバターというのは、簡単にいえば植物性脂肪のことです。肌や髪が必要とする、オレイン酸や美容成分が豊富に含まれています。バターですので保湿力がとても高く、水分を閉じ込めることに適しているのです。

N.はオーガニック成分で作られているので、髪の毛だけでなく、体や、お顔にも使うことができます。

赤ちゃんの乾燥にも使えるくらい安全なオイルだと言われているので、お肌が敏感な方にも安心です!ぜひ使ってみてくださいね!

私も梅雨時期はこのヘアオイルにとても助けられました。

梅雨で広がる髪、まとまらないうねり。

どうしたものかと悩んでおりましたが、このオイルを使って、一発解決!

保湿力が高いおかげで、髪は広がることがなく、うねりもそこまで酷く出ませんでした。

他にも、シアバターは熱耐性があるので、ストレートアイロンやコテで巻く前に、髪の毛に塗ってから使うと、髪の毛を熱から守ってくれます!

しかもスタイリングにも使えて、シアバターの効果で、流行りのセミウェット感を演出してくれるので、一石二鳥なのです!

広がり・うねりが気になる方はぜひ、N.(エヌドット)を使ってみてください★

Sponsored Link

ごわつき・硬さが気になる方向け

髪が硬くなる原因は、タンパク変性。

縮毛矯正や、アイロン、コテの使いすぎで髪の毛のタンパク質が熱が原因で硬くなる現象です。

ですが、硬くなってしまった髪にも潤いを取り戻せば、髪の毛が柔らかくなり扱いやすくなるんです!

その悩みに対応しているのが、エルジューダオイル。

バオバブの木から取れる、バオバブエキスが、髪の毛に潤いを与え、閉じ込める役割をしてくれます。使い続けることで髪の毛に潤いがチャージされていくのです。

他にもCMADK(カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン)という、ケラチンタンパク質が配合されており、傷んでいる髪を補修してくれます。

このCMADKという成分、とてもすごいんです。

何がすごいかというと、髪の毛の中に定着し続けるんです!

髪の毛の中のタンパク質って普段のシャンプーでも毎日流れ出ていってしまうんですね。ですが、このオイルはCMADKの成分のおかげで、髪の毛の中のタンパク質に変わり留まり続け、タンパク質としての役割を果たしてくれるのです。

そうすることで、髪の毛を内部から補修し、バオバブエキスで潤いを閉じ込め、髪の毛を柔らかくしていくのです!

このエルジューダオイルはシリーズになっており、髪質によって使い分けることができます!

髪質が太めの方ならエルジューダMO

髪質が細めの方ならエルジューダFO

ぜひご自分の髪質に合わせて使ってみてくださいね!

私も使ってみましたが、実際に髪の毛が柔らかくなったなと思えるようになったのは使い続けて、2ヶ月をたったぐらいの頃でした。

髪の毛とオイルが馴染みやすくなり、自然と顔の内側に髪が入るようになったのです!

お客様の中にも、実感されている方とそうでない方はいましたが、髪の毛が硬いと感じていたお客様は実感していただけました。

美容師としての私からみたら、ケアできている髪の毛は全然違います!

ハリコシも生まれていたので、ケアし続ければいい方向へ向かっていきそうです!

髪の毛の中にタンパク質ができ、潤いが閉じ込められることで、髪の毛が柔らかくなっていくので、髪の毛のごわつき、硬さが気になる方はぜひ使ってみてくださいね!

Sponsored Link

ヘアオイルの正しいつけ方!

お客様からよく聞かれるのがヘアオイルはどのタイミングでつけるのか?

ということをよく耳にします。

ずばり!タオルドライをしたあと!髪を乾かす前につけます!

その時にオイルをつけたほうが髪にもよく浸透し、補修力も全く違います!

オイルの量は、以下の通り

ショート・・・1〜2プッシュ

ミディアム・・・2プッシュ

ロング・・・2〜3プッシュ

掌に伸ばして中の方からつけます。

中につけたら毛先につけていき根元を除いた中間部分につけていきます。掌に残ったオイルで軽く前髪につけて終了です。

そのまましっかり乾かして、乾いた髪に1プッシュのみつけてフィニッシュです。

濡れてる時、乾いた後にもつけると髪の状態はさらに良くなっていきますよ!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか?

みなさんの悩みにあう物はありましたか?

髪質は十人十色です。信頼のおける美容さんと相談して自分にあったベストを見つけるのも一つの手です。自分で手当たり次第に。では難しいので、ぜひ美容師さんに相談してみましょう!

みなさんのお悩みが解消されますように★

Sponsored Link