" /> 米津玄師はニコ動出身のアーティスト?!経歴を徹底調査!

米津玄師はニコ動出身のアーティスト?!経歴を徹底調査!

デビューしてから今までその勢いが止まらない米津玄師さん!

TVにもあまり出演することはなく、米津さん自身、謎に包まれていると感じます!

いまでこそ誰もが知るアーティストとなりましたが、米津さんのルーツはどこなのか?

調べてみましたので良かったら 最後までご覧ください!

Sponsored Link


米津玄師はニコ動出身?!

米津さんはニコ動出身です!

ニコ動とは、株式会社ドワンゴが提供している、日本最大級の動画配信サービスです。

ニコ動は通称で正式名称はニコニコ動画。

今現在は「niconico」と改称しているようです。

その動画配信サービスで、米津さんはボカロP(ボーカロイドプロヂューサー)として、曲を配信していました。

配信名は「ハチ」2009年に発表した楽曲は「お姫様は電子音で眠る」。

他にもデビューしてすぐに、「結んで開いて羅刹ト骸」がほどなく再生回数100万回を突破!

またたく間にその才能は開花しました。

米津さんは楽曲以外にも、PV制作も手掛けていました。

どうやら才能の塊のようですね(*^^*)

私も米津さんが「ハチ」として活動していた頃、よく聞いていました(*^^*)

まさかこんなビックな歌手にはなると思わずびっくりでしたね(・・;)・・

いまでは米津さんの大ファンです!

Sponsored Link

米津玄師のニコ動時代の曲を紹介!

米津さんが今までニコ動で発表してきた曲をご紹介します!

100万再生を達成した曲をご紹介していきますね!

皆さんももしかしたら聞いたことがあるかもしれません!

「結んで開いて羅刹ト骸」

ハチ MV「結ンデ開イテ羅刹ト骸」HACHI / Musunde Hiraite Rasetsu to Mukuro

2009年にニコ動でリリースされました。

独特の歌詞とリズムで初めて聞いた私は、「この曲作った人病んでるのかな」と、ちょっと戦慄しました。

話によると、阿波踊りのリズムを参考に作ったのだとか・・

初めて聞くには少し難易度が高い歌詞でした笑

ですが、今までに聞いたことがないタイプの曲ではあったので、聞き入ってしまうのは事実です!

Mrs,Pumpkinの滑稽な夢

【初音ミク】Mrs Pumpkinの滑稽な夢【オリジナル曲PV】中文字幕

こちらも2009年にリリースされた

PVも米津さんが手掛けているそうです。

ハロウィンが目前だったのもあり、この曲を作ったそうです。ニコ動民の間では、ハロウィンといえばこのきょくといわれているそうですよ!

やはり米津さんの曲はイントロが特徴的で、すぐ気づく方も多いですね!

何度も聞き入ってしまう中毒性があります。

Clock lock works

ハチ MV「clock lock works」HACHI

今働いている人達へ向けた曲なのか、たくさんの方から共感の声が上がり、再生数も上がっていきました。

米津さんの曲はなぜこんなにも人の気持ちがわかるのだろう?

と不思議に思います。

その豊かな感受性がたくさんの方の共感を得ているのでしょう!

リンネ

ハチ MV「リンネ」HACHI / Rinne

こちらは2010年にリリース。

別れをテーマにして作った曲だそうです。

かなりドロドロしている感じがします汗

いまでこそきれいな曲が多い米津さんですが、昔出されていたこういう、アンニュイな雰囲気がある曲にもファンはとても多いようです!

それこそ、ほぼボカロを出すことがなくなってきましたが、今の歌詞でボカロとして出ることを望む方も多いようです。

私もそのうちの一人です笑

マトリョシカ

ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA

2010年にリリース。

私がハチとして初めて聞いたのはこの曲でした!

米津さんの代表曲と言ってもいいのではないでしょうか?

軽快なリズムで頭に残りやすい曲で何度も聞いたのを覚えています!

この曲でハチさんはもっと知れ渡ったのではないでしょうか?

今でもこの曲のファンは多く、ユーチューブでの再生回数はなんと4000万回を超えています!

やべぇ・・・

いつでも聞きたい名曲ですのでぜひ聞いてみてください!

ワンダーランドと羊の歌

ハチ MV「ワンダーランドと羊の歌」HACHI / Wonderland to Hitsujinouta

米津さんにしてはなんだかキラキラした曲だったのが印象的で覚えています。

ボカロファンの間でも、これハチ?

というのが飛び交ったほどでした。

ですが、全く違う曲調だったため、衝撃を受けました。

今で言うキラキラポップスの様な曲です!

パンダヒーロー

ハチ MV「パンダヒーロー」HACHI / Panda Hero

こちらも代表曲と言って過言はないでしょう!

私も学生の頃は、マトリョシカ、パンダヒーローこの2曲ばっかり聞いていました(*^^*)

独特のサウンドが耳から離れない1曲です!

ですがこの曲、たくさんの歌い手さんたちがカバーをしており、カバー曲も聴き応えがあります!

ドーナツホール

ハチ MV「ドーナツホール」HACHI / DONUT HOLE

歌詞のセンスが秀逸だと話題になりましたね!

ハチとして出していた曲は、どれも歌詞が複雑で、だけどどこか繊細でした。

ファンタジー要素もありつつ本当にたくさんの人に愛されていたと思います。

ハチとして活動しなくなってしまってとても残念ではありますが、やはり米津玄師としても曲はとても素晴らしいので、ずっと応援はしますけどね!

Sponsored Link

米津玄師の今までのアルバムをご紹介

米津さんがデビューしてから今までリリースされたアルバムをご紹介します!

  • diorama 2012年5月リリース
  • YANKEE 2014年4月リリース
  • Bremen 2015年10月リリース
  • BOOTLEG 2017年11月リリース
  • STRAY SHEEP 2020年8月リリース

今現在出ている、アルバムは5枚リリースされています。

オリコンチャートでは、dioramaとYANKEE以外のアルバムは3枚とも首位を獲得!

米津さんの曲は老若男女問わず、幅広い世代から支持を得ています。

ライブはチケット即完売。

米津さんのライブに行くのはなかなかチケットが当たらず、苦しい思いをしている方がたくさんいらっしゃるそうですね(・・;)

話がそれましたが、米津さんが出す曲はとてもいいものばかりで、アルバムも即完売の事が多いです。

米津玄師さんのアルバム購入の際には予約したほうが無難でしょう(*^^*)

(実際私も買うときにはすでに売り切れていました(泣))

Sponsored Link

まとめ

躍進を続ける米津さん。

今回は彼のルーツを辿ってみました!

ニコ動出身なのを最初知ったときは私も驚きましたが、すぐ、同一人物だと知ったときは驚きました!

やはり才能は隠せないですね!

4月から始まる新ドラマ「リコカツ」でも主題歌が決定しています。

米津玄師さんが出すドラマ主題歌「Pale Blue」も楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Link